〒811-0213 福岡市東区和白丘 4-20-26
092-606-6761
MENU

インプラント・入れ歯

IMPLANT / DENTURE

インプラントIMPLANT

歯を失う原因はむし歯・歯周病・事故などいろいろあります。どの部分の歯を失ったか、何本の歯を失ったかによって治療方法も変わってきます。 治療法のひとつにインプラントという選択肢があります。 今日ではインプラント治療を受けたことがあるという方も増えてきました。インプラントは「第二の永久歯」と呼ばれる程、本来の天然歯に近い見た目や噛み心地を取り戻すことが出来る画期的な治療です。

インプラントの
メリット・デメリット

メリット

  • 周囲の歯へのダメージがない
  • 自分の歯のようにしっかりと噛める
  • 硬い食べ物も噛める
  • 自然な見た目に仕上がる
  • 見た目も口腔内においても違和感がない

デメリット

  • 簡単な手術(外科処置)が必要
  • 術後から最終の歯を装着するまでに長期間かかることもある

インプラント(人工歯根)の
構造と安全性

インプラント(人工歯根)の構造

インプラント
インプラントインプラント

インプラント治療は、歯が無い部位のあごの骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にアバットメント、人工歯をつけます。
埋め込むインプラントの材料は、長年の研究と臨床の結果から最も安全なチタンという金属で作られています。チタンは人間の生体と親和性が高く、長期に渡りあごの骨と結合することが確認されています。

※チタンアレルギーや骨粗鬆症、喫煙されている方などインプラント治療が出来ないケースもあります。
※インプラント治療は保険外診療です。

喫煙者のリスク

喫煙によって発生する一酸化炭素は、血中のヘモグロビンと結びつき血液による酸素の運搬機能を低下させます。これにより歯肉の血液不足から血流が悪くなると、骨や歯周組織へ酸素や栄養が行き届かなくなります。インプラントを支える骨や歯周組織が弱ってしまい、インプラントがあごの骨としっかり結合出来ずに外れてしまう原因になります。

インプラントにしたらアフターメインテナンスを大切にしてください

インプラントにしたから終わりではありません。せっかくインプラントにしても、その後何もメインテナンスを行わなければ、インプラントの寿命を短くしてしまいます。インプラントを良い状態でキープするためには、毎日の丁寧な歯みがきは欠かせません。インプラントも天然歯同様、歯面に付着したプラーク(歯垢)が原因でインプラント周囲炎と呼ばれる歯周病になります。インプラント周囲炎が進行するとインプラントを支える骨が溶けてインプラントが抜けてしまいます。
天然歯でも同じことが言えますが、毎日の正しい歯みがきと定期的にクリニックで検診・プロケア(インプラント清掃)を受けることで予防できます。

入れ歯DENTURE

歯を失った場合の治療法として、入れ歯(義歯)があります。失った本数や場所により、部分入れ歯と総入れ歯があります。

入れ歯のメリットとデメリット

メリット

  • 周囲の歯を大きく削る必要がない
  • 取り外しが出来るので、ご自身で清掃が行える
  • 保険外診療の総入れ歯では、金属で床を薄く作ることが出来るので丈夫で、食べ物の温度も楽しめる
  • 保険外診療の部分入れ歯では、金属のバネが目立ちにくく、金属で残っている歯を傷めない

デメリット

  • 保険診療の義歯の場合、耐久性を保つためにプラスチック床が厚くなるので装着に違和感を感じる
  • 硬い食べ物が食べづらい、または噛みにくい
  • 保険診療の部分入れ歯では、支えとなる歯に負担がかかるため、健康な歯のリスクが高くなる
  • 保険外診療の入れ歯は調整・修理に時間を要する場合がある

違和感が少なく、食事も楽しめる入れ歯のご紹介

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

※保険外診療となります

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

金属を使用していないので、目立ちにくく前歯で使用してつけていることを気づかれにくいです。柔軟性のある特殊素材なので、違和感が少ないです。

金属床(コバルトクロム・チタン)の総入れ歯

※保険外診療となります

金属床(コバルトクロム・チタン)の総入れ歯

金属はその特性から薄く作ることができるので、厚みで感じる違和感が軽減されます。 また熱伝導性も良いので、お料理の温度も感じることが出来るので食事をより楽しめます。

食べ物を噛んだり、会話をしたりして口を動かすことは老化防止につながります。
入れ歯の違和感によるストレスを出来るだけ減らして、たくさんお口を動かしましょう。

pagetop