〒811-0213 福岡市東区和白丘 4-20-26
092-606-6761
MENU

むし歯

CAVITY PROTECTION

むし歯CAVITY PROTECTION

むし歯は初期の段階で発見し、適切な時期に治療することが大切です。なぜならむし歯は治療を繰り返すたびに、ご自分の歯を失うリスクが高くなるからです。当院では診断の結果、必要な場合は治療を行いますが、再び治療することがなくなるよう「一回限りの治療」を目指しております。

むし歯の原因

むし歯の原因1 むし歯の原因2 むし歯の原因3

はらだ歯科医院ではむし歯治療開始の前に歯周病初期治療を行っています

それは、お口の治療環境をまず整えることがとても重要だと考えているためです。痛みのある問題箇所だけを治療しても歯周病などの原因があれば、またすぐに口腔内の状態は悪くなります。これが治療の繰り返しの一因にもなるのです。当院では歯周病初期治療(検査・歯石取り・ブラッシング指導)を必ず行い、お口がきれいな状態になってから、むし歯などの必要な治療を行います。

むし歯が小さい・初期の場合の治療

CR

初期のむし歯はメインテナンスで経過を観察します。必要があれば治療を行います。 その際の治療は、むし歯部分を取り除き、歯と同じ色のコンポジットレジン(プラスチックのような材料)で埋めます。

むし歯が大きくなっているが、神経までは達していない場合の治療

インレー

むし歯を取り除き、歯の型をとります。後日インレーとよばれる詰めものを装着します。

むし歯が神経まで達している場合の治療

クラウン

むし歯が神経まで達している場合は、神経を取った後、神経の入っていた穴(根管)を掃除して最終的なお薬を詰めます。その後、土台を立てて人工的な歯をかぶせます。

むし歯治療後の詰め物・かぶせ物はどんな素材があるの?

最近では保険診療の銀歯ではなく、予防や見た目を考慮したゴールドやセラミック素材(保険外診療)を選択される患者様が増えてきました。
保険診療に使用される銀歯は金属の特徴から、むし歯の再発を起こしやすく、長年の使用で金属アレルギーを発症する可能性があることが分かってきたためです。
ゴールドやセラミックは、安全性・耐久性・清掃性が高い素材です。またセラミックは、天然歯と変わらない見た目の美しさもあり審美性も高い素材です。
カウンセリングでは、ひとり一人に合った治療法や素材をご提案いたしますので、患者様ご自身で選択していただけます。

素材の特徴

パラジウム合金

※保険診療

パラジウム合金

保険適用で費用が抑えられる点が最大のメリットです。汚れが付着しやすいので、むし歯再発のリスクが高く、金属が溶けだして体内に取り込まれアレルギーの原因になる場合があります。また金属色が口腔内で目立ちます。

ゴールド

※保険外診療になります

ゴールド

ゴールドはやわらかい金属で、適合性が高いためむし歯の再発が起こりにくく、口腔内にもなじみが良い素材です。また強度が高いので、噛む力がかかりやすい奥歯の治療にも向いています。歯科素材の中でも耐久性が高く、長年使用されてきて金属アレルギーが起こりにくい安全な素材です。

セラミック

※保険外診療になります

セラミック

セラミックの歯はなんと言っても天然歯と変わらない自然な見た目を再現出来る点がメリットです。それに加え、セラミックのつるんとした表面はプラークがつきにくく清掃性も高いので、むし歯に再発や歯周病など予防性の高い素材です。また金属アレルギーの心配もありません。

pagetop