〒811-0213 福岡市東区和白丘 4-20-26
092-606-6761
MENU

予防歯科

PREVENTIVE DENTISTRY

予防歯科PREVENTIVE DENTISTRY

あなたが歯科医院に通うきっかけは何でしょうか?
歯が痛くなったから、歯ぐきが腫れて出血しているから、入れ歯の調子が悪いから、など理由は人それぞれ違うかもしれません。共通しているのは、状態が悪くなってしまってから通うことではないでしょうか。

私たちは風邪をひいた時、消化の良いものを食べて暖かくして寝ていると治ることがあります。骨を折ってしまった時、固定していればいつの間にか元通りにくっついていることがあります。それは人にはもともと自然に病気を治す力(自然治癒力)が備わっているからです。しかし残念ながら、歯に関しては例外です。むし歯や歯周病をそのまま放置しても自然に治ることはありません。治療したとしても『すっかり元通り』になることは決してないのです。なぜなら治療のために歯を削った時点で、すでに歯の一部を失い、元の歯と同じ状態に修復することは不可能だからです。歯は異素材の物質で代替することしか出来ないのです。だからこそむし歯や歯周病になる前に、治療のためではなく予防のために、歯科医院に来ていただきたいのです。これは、はらだ歯科医院が目指す予防歯科の考え方です。

当院が目指す予防管理型の医療サービスの考え方

  • むし歯になってから治療するのではなく、むし歯にならないように予防・指導する
  • 一本でも多くの歯を残し、一生自分の歯で食べられることを目指す
  • 患者様のお口の中を健康にして、QOL(生活の質)の向上を図る
  • 診断の結果、治療が必要な歯は、再び治療することが無くなるよう「一回限りの治療」を目指す

メディカル・トリートメント・モデルMTM

私たちはこの考え方のもとMTM(メディカル・トリートメント・モデル)に沿った診療を行っていきます

メディカルトリートメントモデル

従来の歯科治療では、問題箇所のみを治療して、治ればまた悪くなるまで放置というのが一般的でした。しかしこの循環では、症状が出るまで私たちは手を付けることが出来ず、悪化してからの治療になります。
そのため歯を残すことが難しくなり、結果的に大切な歯を失う確率が高くなってしまいます。

MTMに沿った治療の流れ MTMに沿った治療の流れ1 MTMに沿った治療の流れ2 MTMに沿った治療の流れ3

MTMとは、むし歯・歯周病のリスク評価から、患者様ひとり一人のお口の状態に合わせた予防プログラムを立案し、必要最小限の治療等を行い、治療終了後の定期的なメインテナンスにいたるまで、患者様の生涯健康を意識した予防プログラムのことです。
むし歯や歯周病の発症は、ただ歯みがきさえしていれば防げるわけではありません。むし歯や歯周病の原因は千差万別で、その原因はひとり一人違います。むし歯リスクが分かるだ液検査や詳しい歯周病の検査により、そのリスクを知ることで、ひとり一人の予防プログラムを立てることが出来ます。

当院が目指す予防歯科の考え方は、最初に徹底的な口腔内検査を行い、まずはご自身のお口の状態を知っていただくことから始めます。検査結果を元に現状について詳しくご説明いたします。そして問題箇所のみを治療するのではなく、根本的な原因に目を向けアプローチしていきます。患者様はご自分の歯や口腔内に徐々に意識が向くようになります。そして治療終了後は、ご自宅でのセルフケアと歯科医院で行うプロケアで、再びむし歯や歯周病にならないような環境を整えていきます。

ご自宅で行っていただくセルフケアで必要な口腔ケアグッズは、患者様に合わせたものをご紹介し、使用方法の指導も行います。

グッズ

ひとり一人原因が違うむし歯リスクを知れば、効果的な予防が出来ます

むし歯になる原因は、ひとり一人違います。10人いれば10通りの原因があると言えます。その原因(むし歯リスク)を知る方法が『だ液検査』です。まずはご自分のむし歯になりやすい原因を知っていただくことが重要だと考え、当院では『だ液検査』を推奨しています。
料金:保険外診療1回3,000円(税別)

だ液検査で分かることは

だ液の量

だ液が多く出るほど、口の中の食べ物を早く洗い流す・歯の質を強くする・抗菌作用が働く

だ液のチカラ

食後の歯が溶けやすい環境からどれくらいの早さで通常の状態に戻るかが分かる

むし歯菌の数

むし歯になりやすさ、どんな細菌が多いのかが分かる

だ液検査の結果と、今までむし歯になった数、みがき残しの量、生活習慣などをもとにむし歯にならないためのアドバイスを行います。むし歯にならないための効果的な予防を一緒に行っていきましょう。

歯の健康が身体全体の健康にもつながっています

健康に関心の高い人が増えています。健康に長生きするためには病気の早期発見が重要だと考え健康診断や人間ドックを受ける人は多いでしょう。どこかに不調を感じているわけではないのに検査を受ける理由は、いつまでも健康でいたいという根本的な願いからではないでしょうか。私たちは健康でいるために食生活を見直したり、運動習慣を持ったり、ストレス軽減のために趣味を楽しんだりすることで病気の予防に意識を向けています。
同じようにお口の中の予防にも意識を向けていただきたい、と私たちは常々思っています。

先生画像

歯には「食べ物を噛む役割」だけではなく、「発音したり」「話したり」といった機能もあります。歯があれば、やわらかい炭水化物ばかりでなく、お肉や野菜等なんでも噛んで食べられます。バランスの良い食事をとることができ健康的です。そして食べ物をよく噛んだり、誰かと楽しい会話をすることは、たくさん口を動かすことになります。この口を動かす行為は、認知症の予防・老化防止にもつながります。
また近年の研究では歯周病菌とさまざまな全身疾患の関係も分かってきました。
むし歯や歯周病の予防をすることは、身体全体の健康にもつながっているのです。

だからこそ私たちは生涯健康を意識した予防歯科の考えを多くの方に知って、実践していただきたいという強い思いがあるのです。

pagetop